ガーデニングの店舗スタッフの為に考案されたマスク!!



  今年3月色々なお取引先さまより「店頭で接客する為のマスクがどこにももう売っていないんですけど、何とかならないですか?」と日々マスクについての問合せが増えてまいりました。
弊社の主なお取引先様は、郊外のガーデンセンターや街中のフラワーショップ及び雑貨店であります。
まず商品開発に向けグリーン関係の仕事に携わる方のマスクを使う場合の注意点を考えてみました。

■長時間装着の為、やわらかでかつ耳が痛くならない素材
■作業によりマスクが土で汚れる
■汚れても何度か洗える素材が好ましい



その後販売されたマスクは、スタッフの身内の方や友人の方にも広がり4月からは、店頭販売も始まりました。


月間販売実績 140,000枚

 

とガーデニング業界最大級の販売数となりました。 

さらに現在では建築関係・教育関係・介護関係と異業種の方々にも広がっております。


又、10月1日より新たなライフラインとなるマスク販売の拠点(Base) "1,000 Base" を目指し下記の新たな活動致しております。


 ”One More Smile Project  ”

 1Mask = 1Smile



 是非、皆様ご賛同お願いいたします。







STORY

#Where まずとこでマスクを作るか?

ここでのポイントは、『納期と製造数』、その2点をクリアできる国

✖韓国 マスク需要がひっ迫している。
✖台湾 マスク需要がひっ迫している。 
◎中国 大規模縫製工場並びに町工場が多い。  
△タイ 町工場が多い。
◎ベトナム  大規模縫製工場並びに町工場が多い。
 
必然的にベトナム以遠の国では、船で運ぶ際の日数が2週間以上となり除外。
ベトナムと中国の2者択一となり資材原料やスピード感を重視し「中国」に。

#How どのようにマスクを作る工場を探すか?

当時も現地に入ることが不可能であったため私たちは、工場をウェブサイトで探すことになりました。

 早速マスクの工場を検索したところ不織布のマスク工場が99%その他の素材のマスク工場が1%。

その1%の中の1件の生地工場

がマスクを製造していたので直ぐに連絡を取り製造アイテムと納期を確認した。

伸縮性のある生地を探していると伝えると先方からヨガウェアの素材は、どうかという薦めがあった。

まずは、生地で作ったマスクのサンプルを要請することにした。
その時フッと頭をよぎったのは、「10枚のサンプルならDHL等で当時2週間から3週間かかるが10,000枚のサンプルならエアー貨物で3日あれば日本の空港に到着するだろう」

 早々、先方の在庫生地のブラックで10,000枚のマスクサンプルを工場に発注し同時に日本のフォワーダー(国際物流の弊社代理店)の方にお願いし現地工場までマスクを直接引き取りに行ってもらいました。

過去のベトナムでの輸出業の経験より需要の高い商品が現地の船や飛行機に乗る前に消えてしまうからであります。

無事関西空港に10,000枚のマスクが到着!!

翌日倉庫にサンプルが届き思っていた以上の素材の為、生地はそのまま使用する事にしました。
その後すぐに神戸三宮センター街の知合いの雑貨店の軒先を借りワゴンを出しお客様の意見を聞いてみることにしました。
 ところが時期は、まだ今年の3月。

マスクの色は、白。素材は、不織布。

というのが一般の方の意見でありました。
しかしそれでは、店舗のスタッフの方が使いずらい。
まずは、汚れの目立たない色の作成である

試行錯誤の末、薄いライトグレーの色に

色の微調整だけに1週間を費やした。しかし時間との勝負でもある為、サンプルは、Wechatのビデオ通話で確認するしかなかった。先方も写真や動画を何度も送ってくれましたが光の加減によって色の見え方が違う為、時間帯と場所を何度も変えビデオ通話で確認することにしました。

 それからは、毎週ライトグレーのマスクがエアー貨物で関西空港に60,000枚入荷しガーデンセンター・ホームセンター・雑貨店様の店頭に並びました。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

少しでも多くの方へとの気持ちから

6月以降は、日経新聞の折込で企業様や働く現場限定で建築関係・教育関係・介護関係・オフィス等の方へも販売が始まりました。 

6月  北海道全域

7月・8月  東京のオフィス街中心に

8月からは、全国的に展示会イベントも少しずつ解禁となり

8月25日~ 園芸業界最大の見本市に

通常7月開催の日程も今年は、8月の後半に延期となり厳戒態勢の中の見本市という感じでした。

9月9日~ 日本初の感染症対策総合展に

厚生労働省・経済産業省 主導の展示会でしたが、全体ミーティングに至っては、全社オフィスからウェブでの参加となり、さらに出展者は、全員COCOAアプリで毎日濃厚接触者との確認でした。

10月7日~ 日本最大の展示会場を使った東京ギフトショーに

東京ビッグサイト会場でも入場の度、厳戒な検温・アルコール消毒のもと多数の来場者が全国より集いました。

Model: Dorota Dzieża (Poland)

小売り・卸業の方


リピートのある業者の方は、こちらよりご注文お願い致します。

日経新聞折込・企業様限定


日経新聞折込を見てご注文される方。
リピートのない業者の方は、こちらよりご注文お願い致します。

BASE


Instagramからご注文される方は、こちらよりお願い致します。


Amazon(coming soon..)


Amazonからご注文される方は、こちらよりお願い致します。


Call Center    052-741-7548

月曜日ー金曜日(土・日・祝日以外) 09:00 - 17:00